活動一覧

[開催済](第3回)南極から見た地球の姿 ~一つの大陸だったときのお話~

キーワード:南極、地球、歴史、考古学、旅行、グローバル、自分らしさ

皆さんは「南極」と聞いてどんな世界をイメージしますか?誰もが訪れることのできないその地に、南極地域観測隊調理担当として昭和基地へ足を踏み入れた一人の料理人がいます。彼はどのようにして南極で料理をするに至ったのでしょうか?多くの料理人が選ばない道を歩んだその選択の背景に、どんな人生や想いがあったのかお話を聞きながら、自分らしさを追求し続けた生きざまに迫ってみましょう。

第3回は、南極から見た地球の姿についてお話していただきます。約2億年前は、地球は大陸が一つであったと言われています。今回、参加できるメローに「南極の石」を事前にお送りをします。その石がいつの時代の石なのか。どこにあった石なのか。みんなで、時をさかのぼりながらお話しましょう。

本プログラムは、計3-4回程度(第3回:4月5日(火)19時00分~20時00分(60分)、zoom)の開催を予定しています。

※アーカイブしますので、毎回出られなくても大丈夫です。過去の動画は別途送付します。

講師プロフィール 高澤 直之(たかさわ なおゆき)さん

1. 南極料理人:2012年~2014年まで第54次南極地域観測隊調理担当として昭和基地に赴任。料理人としての経験・スキルを活かし、海外シェフに日本の食文化のコンサルティングや海外の販路開拓を実施。

2. H.I.S プロジェクトマネージャー:2018年から(株)H.I.S.で日本産食品のグローバル展開を推進。

3. 食品/食文化グローバル 展開コンサルタント:氷彫刻の文化芸術活動に取組み、世界大会における最優秀賞・文部科学大臣賞等など複数受賞。

結果通知のお知らせ

お知らせ日程:3/14(月)頃

TOP