本財団の仕組み

ロートこどもみらい財団が提供する居場所

本財団では、ロートシップというコミュニティを提供します。ここに参加する方はメローと呼ばれます。このコミュニティでは、こどもたち(小学3年生〜高校3年生:8歳~18歳)の自分らしさの探究とそれを磨く機会をサポートしていきます。

ロートシップとは?
ロートこどもみらい財団に興味を持ち、登録を行った人たちが集うコミュニティです。ロートシップに登録すると本財団が行うサポートが受けられるようになります。
メローとは?
メローとは、「眼の芽」と「フェロー」をかけ合わせた言葉です。本財団が大切にする「眼の芽」を育てていく「仲間」という意味が込められています。

ロートシップ全体像

ギャザリング

1.メロー会員に登録

メロー同士の交流やイベントなどに参加できる

2.応募する

ファンディング

3-1.アイデアを実現する!

助成金とメンタリングのサポートで、
自分の中にあるアイディアを
具体的に形にします。

プログラム

3-2.アイデアをみがく!

さまざまな世界に触れることで
アイディア・スキルを磨き、
自分の世界をより探究します。

  • ※ファンディングは年1回を予定しています。
  • ※プログラムは、順次、掲載します。
  • ※興味のある内容に応募された方の中からマッチングを行います。

ロートシップで行う3つのサポート

ギャザリングとは?
色々な興味を持つメロー同士の触れ合いや、さまざまな分野の専門家の話を聞くためにオンライン上で集まって交流するイベントです。色んなことで学び、生きている人たちの価値観に触れて自分を見つめていく時間につなげていきます。
ファンディングとは?
自分の中にあるアイディアに対して、関連する分野の専門家によるメンタリングや必要な資金の提供を通じてサポートしていきます。アイディアを実現するまでの道筋や形にしていく方法を学ぶことができます。
プログラムとは?
多様な領域の専門家の人とともに、広い世界の中にある学問や技術などに触れて、自分のアイディアやスキルを磨きながら学ぶことができます。

※ファンディングとプログラムはマッチングを通して参加が決定します。ファンディングでは形にしたいアイディアとそれに関連する分野のメンターとのマッチングを行い、プログラムでは興味のある分野とプログラムの内容とのマッチングを行います。

TOP