活動一覧

”国を守る”って、どんなお仕事?

キーワード:国、安全保障、自衛隊、自分らしさ

国を守る。世界でいろんなことが起きている今は、すごく身近で大事なことになってきています。でも、国を守るためには、どのようなことをすれば良いのかな?そんなことを思ったことはありませんか。

日本には国を防衛する組織、自衛隊があります。陸、海、空と役割を分けて、みんなで力を合わせて日本を守ってくれています。それぞれで使う装備品は変わってきます。また、戦い方も変わってきます。日本を守るために、普段はどのようなことをしているのでしょうか。そして、どのようなことを思って、国を守るお仕事を選んだのでしょうか。

メローのみんなと、陸上自衛官の人から、普段している活動や自衛官の道を選んだエピソードなどをお聞きしてみたいと思います。

このプログラムは、(10月4日 19時〜20時(60分)、zoom)の開催を予定しています。

※アーカイブしますので、出られなくても大丈夫です。

講師プロフィール 森田 健司(もりた けんじ)さん

1.1983年生まれ。男三兄弟長男。栃木県地元の中学、高校を卒業、在高校中、アメリカ同時多発テロをニュースでみたことがきっかけで、自衛隊に興味を持ち、自衛隊の大学が勉強しながら学生手当がもらえることを知り、2002年防衛大学校に入る。

2. 大学2年生にあがる際に陸上自衛官要員となり、2006年卒業。幹部候補生学校を経て、宮崎県の普通科連隊勤務となる(小隊長)。

3. その後、陸上自衛隊富士学校や神奈川県での中央即応集団司令部勤務などを経て、広島県で普通科連隊勤務となる(中隊長)。

4. 現在は陸上幕僚監部人事教育計画課付として、人事教育局人事計画補任課で勤務し、自衛隊の人事制度に関する仕事をしている。

5.階級は2等陸佐、職種は普通科。レンジャー教育を修了。宮崎県の鳥インフルエンザ、西日本豪雨などの、災害派遣に従事した。

結果通知のお知らせ

お知らせ日程:9/26(月) 頃

TOP