ギャザリング

[開催済:東京・リアル開催] スウェーデン大使館で交流しよう!

キーワード:グローバル、異文化、自分らしさ

スウェーデンと聞いて、何を思い浮かべますか。ヨーロッパ、オーロラ、バイキング、白夜、国旗、福祉国家・・。もしかしたら、旅行で行ったことがある人もいるかもしれませんね。

日本の学校とスウェーデンの学校は大きく異なるようです。例えば、先生がおひざに犬をのせていたり、子どもたちは休み時間にお菓子を食べたり、ピアスをしていたり・・と。

このプログラムでは、そんなスウェーデンの子どもたちから、どんな暮らしをしているのか、また何を学んでいるのかなどいろいろなお話をしてみたいと思います。

今回は、スウェーデンのTUMBA高校で日本語を勉強している高校生たちとの交流会です。TUMBA高校のみなさんは2週間ほど日本に滞在し、ホームステイをしながら日本の高校に通われたり、日本の伝統文化を体験されたりします。滞在中にスウェーデン大使館にも表敬訪問されることになりましたので、この機会に大使館を訪問しスウェーデンの高校生とお話したいと思います。

【開催要領】

■開催日:2024年4月2日(火曜)10:15-11:30 ※受付【9:40開始】

■開催場所:スウェーデン大使館(東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル16階)※本館は改修中のため、仮設の場所です。

■内容:

①冒頭のご挨拶:5分

②両国から子どもたち1名ずつご挨拶と集合写真:10分

③スウェーデンの紹介(TUMBA高校生からのご紹介):10分

④フィーカ(おやつタイム):20分

⑤TUMBA高校生をお見送りして、大使館見学:10分

⑥改修中のスウェーデン大使館を外から見学(400mほど歩いていきます):20分

■定員あり(10名程度)※応募者多数の場合は先着順となります。

★会場の関係で、申し込みしたメローのみとします。セキュリティが厳しく、写真撮影や行動などに制限がありますので、ご注意ください。また、ご同行が必要な場合は、保護者様は1名までとさせていただきます(その場合、別の場所でお待ち頂くこともあります。)

【注意事項】

・今回のプログラムは、東京(港区)でリアル開催を行います。(※オンライン配信はありません)

・新型コロナウィルスの流行等厳しい状況となりますが、感染対策を徹底した上で開催予定です。社会状況により直前に延期となる可能性もありますので、ご了承いただけますと幸いです。

・参加決定の連絡を受領した方も、発熱等症状のある方、他者への感染可能性のある期間の方(濃厚接触者認定含む)など事前に事務局に連絡の上、ご参加を控えていただきますようご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

・SNSやブログなどに掲載をされる場合は、事前にご一報ください。

・当日に、メディアが入る可能性があります。

講師プロフィール 速水 望(はやみ ながめ)さん

〇スウェーデンで幼少期を家族とともに過ごしたことがきっかけでスウェーデンが大好きになり第二の故郷に。

〇日本の大学卒業後、スウェーデンに渡りヨテボリ大学で文学部北欧言語学科修士課程修了。帰国後は東海大学北欧学科非常勤講師、都内の語学学校でのスウェーデン語講師を務める。2005年からスウェーデン大使館勤務。

〇著書に「ニューエクスプレスプラス スウェーデン語」、「ニューエクスプレス スウェーデン語」、「ニューエクスプレス スウェーデン語単語集」(いずれも白水社)、訳書に「私はカーリ、64歳で生まれた」。

結果通知のお知らせ

※定員に達したため、お申込みは終了しております。

TOP