活動一覧

テレビ番組ってどうやって作っているのかな?

キーワード:メディア、制作、広報、自分らしさ

みなさん、テレビは良く見ていますか?何気なく、リモコンの電源を押すと映るいろんな番組。ニュースだったり、バラエティーだったり、アニメだったりといっぱいありますよね。

そんなテレビ番組って、どうやって作っているのか、気になったことはありませんか?カメラマン、ディレクター、芸能人・・と、多くの人たちが関わって作っていますが、一体、いつからどうやって番組を制作しているのでしょうか。

このプログラムでは、テレビ番組好きのみなさんに、メディア制作を知ってもらい、どうやったらたくさんの人たちに見てもらえるか、みんなで考えてみたいと思います。

本プログラムは、計2回程度(第1回:7月4日 19時00分~20時00分(60分)、zoom)の開催を予定しています。

※アーカイブしますので、毎回出られなくても大丈夫です。

講師プロフィール 藤田 信太郎(ふじた しんたろう)さん

1、横浜生まれ横浜育ちの「浜っ子」です。小さい頃は、公園の器具や自然を活用して遊びを発明して遊ぶことが好きだった。中学はバドミントン、高校はアメリカンフットボール、大学はアイスホッケーに明け暮れつつ、大のテレビっ子で、バラエティからドラマまで1日4-5時間は見ていました。

2、これらの人生経験から、自分の心を動かしてきたテレビ業界に就職。地域の文化を支えたり、時代を切り拓く人物に密着したドキュメンタリー制作が得意です。ディレクターという仕事を通して、多様な業界を覗けることが楽しみの一つです。

3、現在は、テレビの仕事で得た知識や、人や地域との繋がりを活用しながらSDGs事業に取り組んでいます。SDGsの考え方を自分なりに解釈して、地方版のSDGs学習ゲームを作ったり、イベントをして広めたり、そうしているうちに地域の熱量ある方々と出会い、一緒に地域らしさを再発掘して、それをカタチ(事業)にして全国に届けるお仕事をしています。

結果通知のお知らせ

お知らせ日程:6/27(月) 頃

TOP