活動一覧

馬で耕す、馬で運ぶ。~機械を使わない農林業のお話~

キーワード:農林業、馬、食べ物、自分らしさ

「馬搬」や「馬耕」。みなさんは聞いたことがありますか?

全国のほとんどの田んぼや畑では、機械を使ってお米や野菜を作っています。でも、機械がなかった時代には、どのようにして広い土地を耕していたのでしょうか? また、山でも、間伐などで伐採した木を運ぶ時、ほとんどの場合機械を使っています。機械がなかった時代には、どのようにして大きくて重たい木をふもとまで運んでいたのでしょうか。

馬で耕す、馬で運ぶ。機械に頼らずに作業することが出来るほか、大きな機械では入ることができない場所や、機械であれば土を押しつぶしてしまうような負担をかけないようにすることが出来るなど、馬を使った作業は機械よりも優れたところがたくさんあります。

どのように馬と働いているのでしょうか。また、どのように馬を扱っているのでしょうか。馬とともに暮らし働く人に、皆さんと一緒にお話を聞いてみたいと思います。

このプログラムは、2024年6月3日(月) 19時00分~20時00分(60分)、zoomの開催を予定しています。

※アーカイブします。

講師プロフィール 岩間 敬(いわま たかし)さん

1.一般社団法人 馬搬振興会 代表理事、(株)三馬力社代表。 1978年岩手県遠野市生まれ。周りは白く寒い時に釣りに出かけて、ルアーを間違って引っ掛けてしまって川に落ちてしまったので、寒中川潜りをする中学生でした。

2. 23歳頃から馬搬に興味を持ち、遠野で当時現役だった菊池盛治氏・見方芳勝氏の2人のベテラン馬方に師事し技術を習得。

3. 農林業に従事しながら、馬搬・馬耕技術の後世への継承と「はたらく馬」との暮らしを広く紹介することを目的に一般社団法人馬搬振興会を設立。代表理事として全国で技術指導、普及啓発活動を行っている。2020年に(株)三馬力社を設立。

4. 馬耕で耕し、無農薬で育てた酒米から日本酒をつくるプロジェクトに挑戦するとともに、馬と人がともに働く機会の創出に挑戦している。他、アフリカで馬耕指導を行い畜力活用技術指導による国際貢献を行っている。

2011年 英国馬搬技術コンテスト・シングル部門優勝

2012年 岩手県競馬・馬事文化賞受賞

2012年 欧州馬搬選手権シングル部門7位

2023年 日本馬術連盟 令和4年度内国内優秀乗用馬生産者

zoomURLのお知らせ

お知らせ日程:5/20(月) 頃

TOP